紹介予定派遣で正社員の内定を断る場合に気をつけるべき3つのこと

紹介予定派遣の内定を断る
  • 紹介予定派遣で正社員の内定をもらったけど、諸事情で断りたい
  • 訳あって紹介予定派遣で正社員になるのはやめておこうと思う…
  • 紹介予定派遣の面接に受かったけど、他の方法で仕事を探してみたくなったので断りたい…

紹介予定派遣で派遣先から正式に正社員にならないかを打診された。

正社員になろうと思ったけど、踏ん切りがつかなく断る場合、断り方をきちんとしないと今後の転職活動に悪影響があるかもしれません。

紹介予定派遣で正社員になった私が、派遣先からの正社員の内定を断る場合に注意しておくべきことをお伝えします。

この記事を読むことで、正社員を断る場合にもスムーズに事を進めることができるでしょう。

紹介予定派遣での内定を断るタイミングに気をつける

紹介予定派遣での内定を断る一番適切なタイミングは、紹介予定派遣の派遣期間の終了前に正社員として働く意思があるかどうか確認されるときです。

時期としては、派遣期間終了の2週間~1か月ほど前。

このタイミングならば紹介予定派遣先はわざわざ正社員に登用する準備をする必要もなく、派遣期間が終わるまでに新たな人材を見つける時間が確保できるからです。

もちろん内定の辞退は、相手に伝えにくい事柄であることは間違いありません。

伝え方に悩む気持ちも分かりますが、いつまでも断らずに黙っているというのは、紹介予定派遣先だけでなく派遣会社にも迷惑をかけてしまい、誠意のある対応とはいえません。

もし正社員として働くかどうか悩んでいるという場合でも、答えをはぐらかさずに「内定の話はいったん保留させてほしい」と、きちんと伝えて待ってもらう必要があるので注意が必要です。

内定の保留や辞退はギリギリになればなるほど、迷惑をかける度合いも増すので、できる限り早く伝えましょう。

また紹介予定派遣先からの内定は、自分と紹介派遣先だけの問題ではないので、なにかある度に派遣会社と状況や自分の気持ちを共有しておくことが大切です。

普段から自分の気持ちや考えを伝えておけば、担当者も心づもりがしやすいもの。

内定を辞退した後、派遣期間が終わるまでの1ヶ月弱は気まずい思いをしながら働くこともあるかもしれません。

しかし自分を正社員にと考えてくれた紹介予定派遣先ですので、最後まで手を抜かず誠意をもってしっかりと働きましょう。

紹介予定派遣での内定を断る場合はメールではなく電話で伝える

現代において、一番早く、また相手に確実に連絡を取ることができる方法は電話です。

紹介予定派遣の内定がでたということは、自分が新たな社員として迎えられることが決まったということですので、紹介予定派遣先では新たな社員を迎えた状態で業務にあたる準備を進めていくことになります。

ですので派遣会社にはできるだけ早く連絡を入れ、業務に支障が出ないよう、新たな人員を用意してもらわなければなりません。

メールはいつでも自分の都合のいい時に確認することができますが、連絡があると分かっている相手でなければ内容を確認するまでに時間がかかってしまう可能性があり、そうなれば紹介予定派遣先に迷惑が掛かります。

なので電話で連絡をする必要があるのです。

もちろん内定を断るのは大変気まずいことですので、できるだけ直接のやり取りを避けたいと考えてしまうもの。

しかし直接のやり取りを避けたいという考えは、自分にとっての都合でしかありません。

内定を出し準備を進める中で断られる紹介予定派遣先の立場や状況を推しはかったり、間に入っている派遣会社に誠実に対応するためには、できるだけ早く誠意を示し、きちんと自分の感じた思いを伝えることが必要です。

最近は、

  • LINEなどの会話アプリメール
  • SNS(Twitterなど)のダイレクトメッセージ
  • メール

でやりとりすることが増え、それらに対して抵抗がない人も多いでしょう。

しかし中には内定の辞退といった重要な事柄を、メールなどでやり取りすることを失礼だと感じる人もいます。

あなたがどれだけ言葉をつくしても、使うツールだけで頭ごなしに判断されてしまう可能性があるので、直接言葉でやり取りできる電話で連絡を取るのが最善といえるでしょう。

紹介予定派遣の面接後に断る場合も丁寧に対応する

紹介予定派遣の面接は、契約後の顔合わせではなく、雇用の可否を決めるためのものですので、自分に合わないなと思えば辞退することができます。

  • せっかく面接してもらったのに申し訳ない
  • 面接後に断るのは気が引ける

など、色々と思うことはあるかもしれませんが、だからといって対応を遅らせることは、紹介予定派遣先や派遣会社に迷惑をかけることになります。

ですので、もし入社しても仕事を続けていく自信が持てないなと感じたら、早急に派遣会社へと連絡をいれ、自分の気持ちを伝えましょう。

派遣会社への連絡方法は普段やりとりしているものでかまいませんが、できるだけ早くに対応してもらう必要があるので、確認までに時間がかかってしまう可能性があるメールを避け、電話で連絡する方が無難です。

その際、

  • 自分がなぜここで働くことができないのか
  • なぜ辞退したいのか

という理由を、正直に述べる必要があります。

  • 家族の病気で通院の面倒を見なければならない
  • 両親に待遇のことで反対されてしまった
  • 家庭の事情で働けなくなった

など、やむを得ない事情で断る方が遺恨を残さないのではないかと思うかもしれませんが、間違いです。

上記のような理由では、長期の仕事につくことが難しいと判断されたり、再び紹介予定派遣を見つけても、また断られてしまうのではないかという印象を与えてしまいます。

そのため、ひどい場合には新たな紹介予定派遣先を紹介されることがなくなってしまう可能性があります。

また面接を受けた紹介予定派遣先に対しても誠意ある対応とはいえませんので、自分が働けないと思った理由を正直に述べて、より自分に合った紹介予定派遣先を見つけてもらいましょう。

まとめ

  • 紹介予定派遣での内定を断るタイミングに気をつける
  • 紹介予定派遣での内定を断る場合は、メールではなく電話で伝える
  • 紹介予定派遣の面接後に断る場合も丁寧に対応する

紹介予定派遣での内定を断る場合に一番気をつけたいことは、派遣会社、派遣先会社に迷惑をかけないように断ることです。

内定を断っていることで、すでに迷惑をかけているかもしれませんが、代わりの人を探す時間がないとか、寸前まで辞退することを黙っている方がよほど迷惑をかけることになります。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざ通り、引き際はキレイにしたいものですね。

引き続き紹介予定派遣で仕事を場合には、紹介予定派遣に強い求人を探す!職種別おすすめ派遣会社10選をご参考に派遣会社を選んでみてください。