新入社員の転職タイミングはいつがいい?会社を退職し仕事を始める時期を徹底解説!

新卒の転職タイミングはいつがいい?
  • 「新卒で会社を辞めるのはよくないのか?」と悩んでいる
  • 新入社員で入社したばかりだけど、「いつ辞めるべきか?」と辞めるタイミングばかりを考えている
  • 転職のベストなタイミングやどういう時期に転職するのがよいのか?を知りたい

新入社員で会社に入ったはいいけど、すぐに辞めたくなったという場合、仕事を辞めるという選択と我慢して働き続けるという選択の2択です。

我慢して働き続けることができれば一番いいのですが、入った会社が今後ずっと働くのはありえないと思うようなブラックな会社だったりすると、思い切って仕事を辞めたほうが今後の人生にプラスになるということも大いにあります。

この記事では、新卒の新入社員の転職タイミングはいつがいいのかについて書いています。

この記事を読むことで、どのタイミングで仕事を辞めたらいいのかが分かります。

新入社員の転職タイミングはとりあえず1年働いてから

「新入社員の転職タイミングで、ベストな時期はいつなのか?」

一概に言えるものではありませんが、とりあえず1年間は働くことを目標としてみましょう。

理由は2つ。

1つ目に、入社1年目はまるまる勉強期間だから。

新入社員として入社後、一般的におよそ3ヶ月間の研修期間があります。

ここではビジネスマナーや会社の運営方針など、基本的なスキルや知識を身につけていくことになるでしょう。

そして4ヶ月目から、いよいよ本格的に仕事に関わり出します。

取引先との顔合わせや、顧客情報などの書類整理など基礎的な仕事や、雑用がメインとなります。

こんなことでは、やりがいがまったくない、スキルが身についている実感もないと感じますよね。

ただし先輩をはじめとする周囲の人にとっても、新入社員1年目とは見極め期間です。

あなたの働きぶり、勤勉さを評価します。

評価が固まり、実用的な仕事が割り振られるのは実質2年目からとなるでしょう。

そこでようやく、1人前に向けたスタートラインに立てるといえます。

2つ目に、新入社員にとって1年という期間はあっという間だから。

歳をとるごとに時間が早く過ぎる感覚になる、ジャネーの法則というものがあります。

新しい環境である入社1年目は、なおさら早いものと感じるでしょう。

そこで「とりあえず1年」という目標を立ててみてはいかがでしょうか。

よく耳にする「入社して3年間は働くべき」と比較すると、「とりあえず1年働く」というのは、実現可能に思えるのではないでしょうか。

達成できる目標を設定することで、モチベーション維持につながります。

新卒1年目の転職は厳しいのが現実

新入社員の転職タイミング。

とりあえず1年は仕事を続けることを目標とする理由には、転職事情があります。

ズバリ、新卒1年目での転職は厳しいのが現実です。

その理由は、以下のページ↓にて説明していますのでご覧ください。

新卒入社社会人1年目の転職は厳しい?転職成功のためにするべきこと3選

新卒が会社を辞めるメリット

精神的に楽になる

ブラック企業などややこしい会社で働き続けるのは、心身ともに大きな負担となります。

大学を卒業し社会人になったばかりですと、環境の変化が大きく戸惑いも多い時期。

新入社員として、ほとんど息つく暇もなく働いてきたのでは?

立ち止まり、自分をかえりみる時間もときには必要です。

また退職してから、落ち着いて転職先を探すという選択肢もあります。

他業種への転職にチャレンジできる

別の業種へ転職することを考えている場合は、早期に退職するべきです。

他業種にチャレンジするためには、新しい知識を身につけなければなりません。

そこで必要とされるのが、記憶力とクリアな頭脳です。

つまり学習能力の高い若者ほど、転職には有利。

仕事経験がないことは、すなわち先入観のなさにも繋がりますので、色眼鏡で他業種を見ることがないというメリットがあります。

第二新卒として転職活動できる

新卒1~3年目の求職者を、一般的に第二新卒といいます。

転職業界において、第二新卒のニーズは安定しています。

なぜなら会社としては、ビジネスマナーなど基礎的なスキルを持っていて、今後の活躍も期待できる若手社員を引き入れるチャンスだから。

今では第二新卒に特化した転職サイトや相談会・イベントなども開催されています。

第二新卒の転職市場をデータで徹底解説!【今の会社で一生働きたくない】

新入社員が会社を辞めるデメリット

経歴にキズがつく

経歴は一生もの。

仕事を1年未満で辞めてしまったことは、確実にマイナスとなるでしょう。

また、ごまかすことも不可能。

履歴書には1年未満の経歴も、必ず記入しなければなりません。

会社は、短期離職者を警戒します。

今後の転職活動のたびに「なぜ新卒で辞めてしまったのか?」と面接官から聞かれることを、覚悟しなければならないでしょう。

第二新卒は仕事が続かなくて甘いと判断される

スキルが身につかない

転職活動において、最大の武器となるのが個々が持つスキル。

しかし新入社員で退職してしまった場合、専門的なスキルを身につける時間はほとんどありません。

また第二新卒者としても、実務経験のある3年目の転職者と比較して不利になるでしょう。

もしも同じ業界に転職できたとしても、「未経験者」としての入社となります。

給与は最低ラインからのスタート。

残念ながら元の会社より収入が下がることも、想定しなければなりません。

周囲の人からのイメージが気になる

短期離職者に厳しいのは、会社だけではありません。

まずは家族。

金銭面や生活面において、ときには家族に頼ることも必要です。

快く協力してもらえるよう、配慮をしなければならないでしょう。

そして友達。

転職活動中の無収入のうちは、遊びの誘いに応じることも難しいかもしれません。

理解を得られるように、気を配りましょう。

新入社員が仕事を辞めていい場合

1年間は仕事を続けるべきである、新入社員の転職タイミング。

しかし「今すぐに退職するべき」といえる例外パターンもありますので、3つ紹介します。

会社が超ブラック

社会問題にもなっている、会社のブラック体質。

その特徴は、

  • 年間休日が少なく、休日出勤もある
  • 法外なサービス残業
  • パワハラやセクハラの温床

などが挙げられます。

ブラック企業の恐ろしさは、身体だけでなく精神的にも壊されてしまうこと。

極限まで追い詰められると、人は「逃げる」という選択肢を見失ってしまいがちです。

冷静に状況把握できているうちに、退職してしまうことをオススメします。

会社が倒産の危機

新入社員でも、会社の存続が危ういときは気配を感じ取ることができるでしょう。

  • 上司やベテランの先輩が辞めていく
  • 過剰なコストカット
  • 給料が減額、または支払いが遅滞する
  • 不穏な噂がある

以上のような兆候が見られたら要注意です。

会社によっては倒産前に退職することで、退職金を多くもらえることがあります。

ただしスキルのない新入社員は、人員削減のリストラが起こったときに真っ先にターゲットになることを念頭におきましょう。

再就職の見込みがある

転職先が決まっている場合は、安心して会社を辞めることができます。

例えばヘッドハンティング。

大学時代に、起業を目指している友人はいませんでしたか?

今は起業のハードルも低くなった時代。

ヘッドハンティングならば、幹部として優遇されたポストが用意されていることもあるでしょう。

また、

  • 実家が自営業
  • 親の勤める会社や親戚の会社にコネ入社できる見込みがある

以上の場合は、まずは両親に相談することをオススメします。

新入社員が仕事を辞めない方がいい場合

ブラック企業などのややこしい会社に入社してしまい、転職に悩む新入社員のあなた。

しかし今は退職のタイミングではない、というパターンもあります。

どんな状況の場合、現状を我慢して仕事を続けるべきかを3つ紹介します。

貯金がない

転職活動には、交通費など資金が必要となります。

そのため退職してから転職活動する人は、貯金100万円を目安とすることが多いです。

しかしソニー生命の調査によると、500人の新入社員のうち100万円貯金できた人は2割程度。

仕事を辞めて転職活動する場合、

  • 家賃や光熱費などのやりくり
  • どれくらいの期間で転職を完了するべきか
  • 病気などの急な出費が必要になったときの対処

など、計画性が必要です。

一人暮らしで生活が苦しい、お金が貯まらない人が試してみるべき3つのこと

身につけたいスキルがある

例えば不動産賃貸の仕事をしていれば、宅地建物取引士・通称「宅建」について聞いたことがありますよね。

宅建を受験するためには、2年以上の実務経験が必要です。

ほかにも専門的な資格は、受験するために実務経験を必要とすることが多くあります。

同業種での転職を考えている場合、資格を持っている方が圧倒的に有利。

また資格取得後の転職は、いわばステップアップ。

即戦力として、転職先の会社から優遇されるでしょう。

退職理由が言えない

短期離職の場合、面接で必ず聞かれる質問事項の1つが「なぜ前職を辞めたのか?」。

ここで明確に退職理由を伝えられないと、転職志望先の会社に警戒されてしまうでしょう。

また「前職がブラックだったから」などもNG。

ネガティブな言い回しは、自分へのネガティブな評価として返ってきます。

まずは、退職したいと願う1番の原因はなにかを考えること。

これはブラック企業に再就職してしまう、転職失敗の予防にもなります。

第二新卒が転職理由や志望動機を面接で聞かれた場合の例文を紹介

転職は入社後何年我慢するのがベスト?

新入社員のあなたは、転職するまで何年我慢をするべきか。

キャリアを守るためには、最低1年。

理想としては、ステップアップ転職が可能となる3年です。

ただし、もちろんこれはケースバイケース。

あなたがブラック企業などややこしい会社で、心身ともに破壊される危険を感じている場合は、すぐに退職するべきでしょう。

そしてまた、あなたの転職準備のでき次第。

すみやかに転職するためには、日頃の心がまえが重要です。

日常的に求人サイトや情報サイトをチェックして、転職のアンテナを伸ばしておくこと。

やりたい仕事や理想とするホワイト企業が見つかったときは、すぐに行動に移しましょう。

新卒1年未満でも行動力と計画性があれば、転職成功させることも可能です。

ホワイト企業に入るには?転職希望者にホワイト企業の見つけ方を徹底解説

転職は何年目にする人が多い?

転職は何年目にする人がもっとも多いのか。

答えはズバリ、3年目。

転職率は1年目~3年目までが高く、3年目にピークを迎えます。

また年齢的にも、転職を考える人は20代が最多。

特に新卒1社目で経験をつんだ、20代後半の転職成功率が高いのです。

逆にいえば、30代からは転職者の割合がぐんと減ります。

また入社3年目を乗り越えると、会社に定着してしまう人が多いといえるでしょう。

「とりあえず3年は働く」

この考え方はいまだ根強いと言えます。

新入社員にオススメの転職方法

新入社員のあなたにオススメする、転職方法を紹介します。

まずは転職エージェント。

プロのアドバイザーによる、仕事のマッチングサービスです。

面接の日程調整や履歴書の添削まで、手厚い指導が特徴でしょう。

新卒が半年で転職を決意し仕事を辞める時に利用すべき転職エージェント3選

次に紹介予定派遣。

正社員・契約社員の契約を前提に、派遣社員として一定期間働く雇用形態です。

実際に働いてから雇用契約となるので、求人企業と求職者のミスマッチが防げます。

紹介予定派遣とは何?利用して正社員になった私が10のポイントを完全解説!

そして転職サイト。

最も手軽に利用できる転職サービスです。

求人情報を眺めることも、情報収集の1つ。

無料登録だけでも済ませておくことをオススメします。

まとめ

  • 新入社員の転職タイミングは「とりあえず1年働いてから」を目標としてみる。理想は3年働く。
  • なぜなら新卒1年目の転職は厳しいのが現実だから
  • 新入社員が会社を辞めるメリットは、「精神的に楽になる」「他業種への転職にチャレンジできる」「第二新卒として転職活動できる」
  • 新入社員が会社を辞めるデメリットは、「経歴にキズがつく」「スキルが身につかない」「周囲の人からのイメージが気になる」
  • 今の会社の労働環境などの理由からやむを得ない場合は、1年を待たずに退職するのもアリ
  • 新入社員が仕事を辞めていいのは、「会社が超ブラック」「会社が倒産の危機にある」「再就職の見込みがある」場合
  • 新入社員が仕事を辞めない方がいいのは、「貯金がない」「身につけたいスキルがある」「退職理由が言えない」場合
  • 新入社員にオススメの転職方法は、「転職エージェント」「紹介予定派遣」「転職サイト」