第二新卒の転職成功率は◯◯%。成功するには就職活動の準備が最重要

第二新卒の転職成功率
  • 第二新卒の転職成功率を知りたい
  • 転職の成功率を上げるにはどうすればいいの?
  • 第二新卒が転職を成功させるにはどうしたらいいの?

就職活動の準備を怠ると、転職の成功率は低くなりがちです。

たとえ一流の経歴を持っていたとしても、転職の準備をおろそかにしていると希望する転職先に転職できないかもしれません。

この記事では高い転職成功率である第二新卒が転職を成功させるためにするべきことについて書いています。

この記事を読むことで、転職活動は何を、どのような順番ですればよいかが簡単にわかります。

第二新卒の転職成功率をデータで紹介

2019年にdodaが発表した転職成功者の年齢割合によると25~29歳の転職成功者は全体の約40%。

次に多い30~34歳が約23%なので、第二新卒は転職に最も適している時期だといえます。

いずれ転職したいと考えているなら、成功率の高い第二新卒で転職を考えるのが得策でしょう。

第二新卒の転職成功率が高い理由3選

第二新卒の転職の成功率が高いのは、

  • 最低限のビジネスマナーがある
  • 若いので飲み込みが早い
  • 会社のルールにすぐ対応できる

といった3つの理由で説明できます。

ある程度のキャリアを積んだ年代や新卒にはない、第二新卒ならではの良さを理解し転職にのぞみましょう。

もっと詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

第二新卒の転職市場をデータで徹底解説!【今の会社で一生働きたくない】

最低限のビジネスマナーがある

第二新卒は新卒で入社後、数年の就業経験がある人のことを指します。

つまり社会人として当たり前に必要になる程度の知識はすでに持っているわけです。

  • 言葉づかい
  • 身だしなみ
  • 電話対応

など日常的に行う作業をゼロから教える必要がないので、業務を覚えるまでのハードルがぐんと下がります。

若いので飲み込みが早い

人は年齢を重ねるごとに、新しいことを覚えるのが難しくなるもの。

まだまだ若い第二新卒世代であれば、たとえ未経験の業務であってもしっかりと対応できます。

これまで働いていた業種や職種とは違ったことをはじめるのであれば、第二新卒での転職を考えましょう。

会社のルールにすぐ対応できる

会社のルールや暗黙の了解は、知らず知らずのうちに自分の行動にあらわれるものです。

ルールへの対応は一見すると簡単なことのように感じるかもしれませんが、自分が無意識でとる行動を改めるのは至難の業。

それに比べて第二新卒なら前職での職歴がそう長くはないので、新たなルールにも柔軟に対応できます。

現在の会社で納得できないルールがある場合は慣れてしまう前に転職して、新たな環境に身を置くことを検討しましょう。

第二新卒が転職成功のためにするべきこと3選

第二新卒に限らず、転職成功のためには事前に行う準備を怠ってはいけません。

  1. 転職活動の事前準備(キャリアの棚卸し)
  2. 情報収集
  3. 転職までのスケジュールを組む

どれも当たり前のことのように思えますが、当たり前だからこそおろそかにしてしまったり、どこかに抜けがあったりするもの。

それぞれの大切なポイントを押さえて転職を成功に導くためにも、必要があれば以下の記事も参考にしましょう。

第二新卒の転職期間はどれくらい?転職活動前に知っておきたい3つのこと

転職活動の事前準備

第二新卒が行う事前準備の一番の核はキャリアの棚卸しです。

今までのキャリアやスキルを把握して得た情報は、

  • 自己分析
  • 転職条件の決定
  • 履歴書、職歴書の記載

をする上で欠かせないものですので、転職を成功させるためには必須の要素。

第二新卒は職歴が短いこともあり、自分には書くことはないと思いがちですが、そんなことはありません。

今の業務内容を最初の一歩とし、自分の感じたことなども併せて記載することでしっかりとキャリアの棚卸しを行うことができます。

情報収集

情報収集は望まない転職先に勤めてしまい、再び転職することにならないためにも必要な作業です。

業界の情報や会社の詳細を知ることは、転職を成功へとみちびく近道。

会社の情報をしっかりと調べることで、必要なことが頭に入り面接対策にもなります。

もちろん自分の力だけでは分からないことも多いので、転職エージェントを利用するなど第三者の助けを得ることも検討しましょう。

転職までのスケジュールを組む

第二新卒が転職を決意した時に一番に行うことは、転職までのスケジュールを組むことです。

スケジュールを組むことである程度の見通しをたてておけば、いつまでも転職活動が終わらないという不測の事態を避けることができます。

行き当たりばったりで準備の時間が足りないために、転職に納得がいかなかったと嘆くことのないよう、大まかなスケジュールだけでもしっかりと組みましょう。

第二新卒の転職成功率を上げるため重視したいこと3選

第二新卒が転職に有利な世代であり、どういった準備をして転職にのぞむべきかが分かれば、次は転職成功の確率を更にあげるためにするべきことを考えてみましょう。

  1. 徹底的な自己分析
  2. 転職時期を考える
  3. 転職のプロ(転職エージェント)に相談する

の3つを行うことでより有利な転職ができ、成功確率がグッと上がります。

  • 自分にあった転職の時期はいつか?
  • 自己分析を深めるためにやるべきことは何なのか?

など、より精度の高い取り組み方をすることはもちろん、早くからプロの意見を取り入れることを意識して、よりよい転職活動にしましょう。

徹底的な自己分析

自己分析とはキャリアの棚卸しにはじまり、転職理由や今後のキャリアプランなど転職に必要なすべての核となるものです。

自己分析がしっかりとできていればいるほど、

  • 面接時に転職理由が上手く答えられない
  • 色々決めて転職したはずなのに、不満や後悔が残ってしまった

ということが回避できます。

転職を繰り返さないためにも、以下の記事を参考にして自分の望みや目標をしっかり見定めましょう。

第二新卒が転職で失敗しないために必要な心得

転職時期を考える

求人数は月によって増減があります。

また、入社の時期によっては職場内での自分の置かれる立場が違ってくることも。

以下の記事を読み、自分にあった転職の時期がいつなのかを確認し、無駄のない転職活動にしましょう。

第二新卒の転職時期はいつがベスト?

転職のプロ(転職エージェント)に相談する

どんなに自分でしっかりやったつもりでも、転職への備えが完璧かどうかはわからないもの。

その点、転職のプロである転職エージェントなら、数々の情報や転職の実績をもとに実践的なフォローをしてくれます。

転職は人生の大きな転機になるもの。

なので、準備してもし足りないということはないはずです。

プロに頼り切ってしまうなら問題ありですが、早い段階からプロの視点を得ることは、ムダなく転職活動を進めるためにも必要なこと。

積極的に転職エージェントを活用することで、転職を有利に進められます。

第二新卒が転職で失敗する主な理由5選

第二新卒が転職に有利な時期であっても、必ずしも全員が満足のいく結果を得られるかといえばそうではありません。

  1. 転職回数が多い
  2. 転職理由が曖昧
  3. 業界研究が甘い
  4. 企業研究が甘い
  5. 自己分析が甘い

どれも一見すると当たり前のことですが、どこまでやれば十分なのかが分かりにくいのも事実。

それぞれの項目で陥りやすい失敗を確認しておくことで、罠を回避し転職の成功を確かなものにしましょう。

転職回数が多い

第二新卒で転職回数が5回といわれたら、あなたはどのように感じますか?

もちろん転職ごとにステップアップしているという正当な理由があったとしても、またすぐに転職しそうな人だなと思われることは避けられませんよ

転職を繰り返す理由として、主に考えられることは

  • キャリアプランにあった転職先を見つけられていない
  • 転職先の実態をきちんと把握できていない

があげられます。

もちろん転職先の状況は、入社後にしかわからないことが多いです。

しかしどの会社であっても起こりうる問題に対して、今できることをせず、安易に転職しようと考えていないかはしっかりと見直す必要があります。

何度も転職を繰り返し、第二新卒という転職に有利な時期をムダにすることのないように取り組みましょう。

転職理由が曖昧

「転職理由を答えてください」といわれて、曖昧な回答しかできないのは自己分析が甘いから。

そもそも何か理由があって退職しているので、そこから導かれる転職理由はしっかりとあるはずです。

転職理由に肉付けするかたちで、自己分析から得たことをつけ足していけば、転職理由が曖昧になることはありません。

もちろん素直に言いづらい退職理由の場合もありますが、言いづらい退職理由のときはポジティブな視点で語ることでマイナスを回避。

今回の転職が問題回避のためではなく、前向きな意欲のもとで行っていることだとアピールしましょう。

業界研究が甘い

昨今のコロナ騒動のような予期せぬ事態を受ければ別ですが、自分の転職先の業界をきちんと調べて研究しておくことも、転職を繰り返さないためには必要です。

そもそも同じ営業という仕事であっても、業界が違えば売るものや営業形態などはまったく異なるものになります。

  • 自分が求める転職先はどのような業界か、その業界の先行きはどうなるのかといった業界全体の把握
  • 自分が求める業界はどのような人材を求め、どのようなスキルが必要なのか

といったことをしっかりと研究し、転職活動の不備をなくしましょう。

企業研究が甘い

企業を自分の力だけで調べつくすのには限界があります。

  • 表に出ない実態
  • 空気感
  • 暗黙の了解

など、外側からうかがい知れないことはプロに相談してみましょう。

転職エージェントをはじめとするプロに力を借りることは悪いことではありません。

頼りきりにならず自分で調べることも必要ですが、複数の視点を持つのも大切なことですので、困ったときはプロに頼る選択をしましょう。

自己分析が甘い

自己分析というのは、簡単にできるものではありません。

だからといって、新卒から数年働いたという貴重な経験をうまく表現できず、自分の経験や実績をきちんと分析しきれなければ、あなたの市場価値は下がってしまいます。

また自己分析が甘いと問題がある度に転職を繰り返したり、面接時に回答が曖昧になってしまうことにもつながります。新卒から数年働いた経験をうまく表現できていない

一度で転職を成功させるためにも自己分析は大切なものなので、しっかりと自己分析を深め、自己分析をもとに転職活動をおこないましょう。

まとめ

  • 25~29歳の転職成功者は全体の約40%と高い。第二新卒は転職に最も適している時期。
  • 第二新卒は転職成功のために、「1.転職活動の事前準備(キャリアの棚卸し) 2.情報収集 3.転職までのスケジュールを組む」をするべき
  • 第二新卒は転職成功率を上げるために、「1.徹底的な自己分析 2.転職時期を考える 3.転職のプロ(転職エージェント)に相談する」をするべき
  • 第二新卒が転職で失敗する主な理由5つは、「1.転職回数が多い 2.転職理由が曖昧 3.業界研究が甘い 4.企業研究が甘い 5.自己分析が甘い」である

第二新卒は転職の成功率が大変高い世代です。

だからといって甘えた気持ちで挑めば、転職が上手くいくことはありません。

何が必要で、何に気を付けるべきかしっかりと把握し、第二新卒である強みを活かした転職活動を成功させましょう。