グリーンアテンダントを辞めたい。オススメの転職先3選と辞めたい主な3つの理由

グリーンアテンダント 辞めたい
  • グリーンアテンダントって適当に接客だけしてればいいと思っていたのに、激務だった…
  • 立ち仕事ばかりでしんどい
  • 偉そうな態度の客がムカつく

と思っていませんか?

就職前はグリーンアテンダントは接客相手も筋がいい人が多いし、楽そうなイメージをお持ちだったかもしれません。

しかし実は接客に気を遣い、仕事中は車内での待機が必要とされる仕事で大変です。

グリーンアテンダントの仕事って辛い…。辞めたい…。

合わない仕事をムリして続けていると精神的に病んでしまうことも充分に考えられます。

病んでしまう前に、アナタ自身のことだけ考えてください。

どうしても上司と顔を合わさずに辞めたい人は、退職代行を使うと簡単に仕事を辞められます。

アナタに必要なのはほんの少しの勇気だけ。

肩の力を抜いて、アナタの未来をもっとよくするために辛い仕事はもう辞めてしまいましょう。

退職代行Jobsの特徴

  • 「専門知識がない退職代行業者」は弁護士法に違反する可能性があり、退職が「無効」となる場合がありますが、退職代行Jobsは顧問弁護士指導の適正業務で安心して退職できる
  • 手続きは最短30分24時間対応即日退職連絡可能
  • 全国対応
  • 会社への出社や連絡は必要なし
  • 退職できなければ全額返金
  • 弁護士監修なのに27,000円のみ(労働組合費2,000円が別途必要な場合もあり)

グリーンアテンダントを辞めたいとお悩みの人に最適な方法

グリーンアテンダントは大変な仕事です。

  • 立ちっぱなしで体力勝負的な仕事
  • 接客に気を遣う

という面があり、一般的なイメージとは遠い厳しい環境の仕事と言えます。

現時点ですでに、

グリーンアテンダントって辛いなあ…。辞めて違う仕事を探したい…。

という人は、まだ求人が見つかる年齢のうちに、次の仕事を探しましょう。

グリーンアテンダントを辞めたい場合、

  • 次の仕事が見つかるか
  • よい転職先があるか

が心配事ですが、不安に感じなくても大丈夫です。

転職エージェントの「リクルートエージェント」を利用すれば、プロの転職エージェントが、膨大な求人(求人数は業界最大手)からアナタの過去の職歴や嗜好にマッチした会社、仕事を面談の上でご紹介します。

普通の転職エージェントでは、なかなか希望の仕事を見つけることは難しいです。

それは規模の小さい転職エージェントや普通の転職エージェントでは求人数が圧倒的に少ないから。

転職エージェントは色々ありますが、グリーンアテンダントの店員を辞めて転職されるような場合は、全国を網羅し地方での仕事探しにも強いリクルートエージェント一択です。

利用も無料で求人数も多いので、今すぐ登録してやりがいのある仕事を見つけ未来を切り開きましょう。

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高いです。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績・求人数ともに業界No.1の転職エージェント
  • リクルートのブランド力で優秀なコンサルタントが在籍。質の高い求人を紹介してくれる

元グリーンアテンダントのキャリアを活かせるオススメの転職先3選

元グリーンアテンダントのキャリアを活かせるオススメの転職先3選

グリーンアテンダントをやっていた方がキャリアを活かせる仕事はいろいろとありますが、その中でも代表的な仕事3つをご紹介します。

電話サポートセンター

グリーンアテンダントの仕事を経験している方の多くは、クレーム処理を経験しているでしょう。

なので電話サポートセンターなど、クレーム処理を担当する部署で今後の活躍を考えるとよいでしょう。

こちらの仕事であれば、きちんと休憩を取れますし、仕事の休みの日も土日など連休で取れる可能性も高いので、24時間拘束されて仕事をすることはありません。

販売員の仕事や事務員

グリーンアテンダントの方は容姿が整っている方が多く、販売の仕事を経験しているのであれば、化粧品などの販売員の仕事が経験を活かせられます。

会計処理の仕事を経験しているのであれば、事務処理要員として働くという道があります。

グリーンアテンダント時代にワゴンの商品販売を行い、会計処理をしていたことがあると仮定してのお話です。

会計処理の仕事は事務員の主な業務になります。

過去に経験したことがあれば、事務員も候補として挙げられます。

どの仕事も、アナタがグリーンアテンダントとしてつちかってきた経験を活かせられる仕事と言えます。

現状のグリーンアテンダントとしての業務に嫌気がさしている人は、グリーンアテンダント以外にアナタの経験を活かせる仕事を探してみましょう。

やりがいのある職業につくと、人生を充実させられます。

リクルートエージェントは登録無料で求人数も多いので、グリーンアテンダントから転職する場合は、全国を網羅し地方での仕事探しにも強いリクルートエージェント一択です。

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績・求人数ともに業界No.1の転職エージェント
  • リクルートのブランド力で優秀なコンサルタントが在籍。質の高い求人を紹介してくれる

グリーンアテンダントを辞めたい代表的な理由3選

グリーンアテンダントを辞めたい代表的な理由3選

グリーンアテンダントの仕事を辞めたい方の、代表的な3つの理由をまとめましたのでご紹介します。

完全な縦社会と人間関係

グリーンアテンダントの仕事は、縦社会で年功序列があり、経験が長い人ほど偉くなるため、指導に当たる先輩によっては難癖ばかりを言ってくる場合もあります。

こんなことは会社であればどこにでもある問題ですが、グリーンアテンダントの業界自体が縦社会なため、上司の命令に従い指導を受けることがイヤだと感じる方が多いです。

そのため上司と合わずに、仕事を続けていく自信を無くし、離職をする方も多いのがグリーンアテンダント。

お客様の接客以外に、上司との折り合いなどを考慮しないといけないため、辞めたいと感じる方も多いです。

昼夜逆転した生活や泊まり込みが辛い

長旅をする鉄道車両であれば、夜間においても見回りなどの他サービスを提供しないといけないことがあります。

昼間だけではなく夜も働くことに対して抵抗がある方も多く、とくに仕事の拘束時間が長いことに対してツラさを感じている方もたくさんいます。

客室乗務員は途中で交代することがあったとしても、仕事場である車内で過ごすことに違いは無く、プライベートを作りにくいのが現状です。

仕事が終わり交代となっても、旅行列車の場合は待機状態となるため実質仕事場にて待機している状態です。

常に職場にて待機するということに対して抵抗があるので、辞めたいと思う方が多いのです。

権限が無さすぎる

お客様とトラブルを起こした際に、グリーンアテンダントは飛行機などの航空機の客室乗務員と比較した場合、権限が無さすぎる点が問題です。

飛行機関連の場合、迷惑なお客を降ろすなどの処置をとることが可能ですが、鉄道の場合は残念ながらそのような処置をとることはできません。

権限が限られており、迷惑なお客に対してもサービスを提供しないといけないなど、グリーンアテンダントには負担がのしかかります。

この問題が大きな問題で、客室乗務員として働く人の中には辞めてしまう条件でもあります。

権限がないことでトラブルが起きた際、誰も解決に関して関与してくれないという問題がつきまといます。

元グリーンアテンダントが語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

<meta charset="utf-8">Kさん 31歳

Kさん 31歳

以前グリーンアテンダントをしていました。

元々鉄道や旅行が好きで、移動しながら仕事が出来る、終電近いシフトの場合、終着駅にある系列ホテルに泊まれる、余った弁当がもらえるなど、仕事というか半ば趣味のような感じでやっていましたね。

私はキツイシフトなどは苦ではありませんでしたが、現場はいつも人手不足。

今後ずっと社会人として、グリーンアテンダントをやっていく気にはなれなかったので、退職しました。

その後は知り合いのつてで、塾の講師になりました。

国語と社会を教える他、支払い・教材作成・事務処理他もすべて教師の仕事の範囲内でした。

その後はまた転職して現在まで大学事務をやっています。

もともと手に職があるわけでも、なにかとりえがあるわけでもなかったので、知人がいる塾で勤めましたが、グリーンアテンダントとしての経験はキツイ現場仕事としての共通点はあるものの、評価されることはありませんでした。

とくに名称だけ伝えると、「グリーンアテンダントとは何なの?」という人が多いです。

説明したらわかってはもらえますが。駅勤務のクリーンスタッフと勘違いされることが多かったです。

業務量からしたら、グリーンアテンダントの方が圧倒的に多く、体力を使う仕事なのですが。

まとめ

グリーンアテンダントの仕事を辞めたい理由の多くは、お客様とのトラブル、仕事における拘束時間が長いことが挙げられます。

グリーンアテンダントは、権限が他の客室乗務員と比較した場合低いので、お客様とトラブルになった際、自分で解決する必要があり、周囲が助けてくれないこともあります。

そんなことが積もり積もって仕事を辞めたいと考える人も多く、さらに拘束時間が24時間のグリーンアテンダントの仕事は、常に仕事に縛られるため、辞めたい、もしくは転職したいと考える方が多いです。

有力な転職先としては、販売経験があれば販売員として働くことや、会計処理の仕事を経験しているのであれば、事務員として働くことが考えられます。

例えば販売経験を活かせば、他の業界であっても即戦力の販売職員として採用してもらうことが可能ですが、仕事を探す場合、普通の転職エージェントではなかなか希望の仕事を見つけることは難しいです。

それは規模の小さい転職エージェントや普通の転職エージェントでは求人数が圧倒的に少ないから。

転職エージェントはたくさんありますが、グリーンアテンダントから転職する場合は、全国を網羅し地方での仕事探しにも強いリクルートエージェント一択です

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高いです。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェント

公開求人数 11万件以上 非公開求人 16.5万件以上
(2021年5月に公式HPで確認)

圧倒的な知名度とブランド力を持つリクルートグループの転職エージェント。

国内の転職エージェントではNo.1の求人数を誇り、さまざまな業種・職種をカバーしているのはもちろんのこと、対応地域も全国(拠点は全国16ヶ所)と幅広く網羅されています。

年収を上げてキャリアアップしたい人から、初めての転職でどうしたらいいかわからない人まで、すべての転職希望者がまずは登録しておくべきエージェントです。