設備保全の仕事を辞めたい。オススメの転職先3選と辞めたい主な3つの理由

設備保全を辞めたい
  • 設備保全の仕事がつまらない
  • 仕事が単調でやりがいを感じない
  • ずっと設備保全の仕事をやっていく自信がない

と思っていませんか?

設備保全は工場がきちんと動くためには欠かせない仕事ですが、夜勤などがあり、労働時間が不安定な職場もあって大変な仕事です。

設備保全ってしんどいし、辛い。夜勤もあるし働く時間がまちまちだし。辞めたい…。

今の仕事を辞めたいけど、原因があってなかなか辞められない状況にあるアナタ。

これ以上ムリしてしまうと、精神的に参ってしまい病気になってしまうかもしれません。

自分のことは自分が一番わかっていますよね、もう限界ならば自分のことを最優先で身を守りましょう。

なかなか上司に辞めることを言い出せない、伝えられない人は退職代行を使ってサクッと嫌な仕事を辞めましょう。

アナタに必要なのはほんの少しの勇気だけ。これ以上耐えられない仕事にしがみつく必要はありません。

辞めて希望に満ちた新しい道を過ごしましょう。

退職代行Jobsの特徴

  • 「専門知識がない退職代行業者」は弁護士法に違反する可能性があり、退職が「無効」となる場合がありますが、退職代行Jobsは顧問弁護士指導の適正業務で安心して退職できる
  • 手続きは最短30分24時間対応即日退職連絡可能
  • 全国対応
  • 会社への出社や連絡は必要なし
  • 退職できなければ全額返金
  • 弁護士監修なのに27,000円のみ(労働組合費2,000円が別途必要な場合もあり)

設備保全の仕事を辞めたいとお悩みの人に最適な方法

設備保全の仕事を辞めたい人。

設備保全は夜勤があることが多く、労働時間も一定ではなくトラブルが起こった場合には解決するまで帰れないということもよくあります。

若いうちはまだよいですが、ベテランになって他の仕事をしようとしても時すでに遅し。

転職が簡単ではない年齢になってから必死に仕事を探しても、求人が少なかったり、年齢のボーダーで断られる可能性が大きいです。

現時点ですでに、

設備保全なんてやらなきゃよかった..。この仕事辞めて、何か違う仕事をしたい…。

という人は、年齢のボーダーが来て転職ができなくなる前に、次の仕事を探しましょう。

設備保全の仕事を辞めたい場合、

  • 次の仕事が見つかるか
  • よい転職先があるか

の2点が心配になりますが、安心してください。

転職エージェントの「リクルートエージェント」を利用すれば、プロの転職エージェントが、膨大な求人(求人数は業界最大手)からアナタの過去の職歴や嗜好にマッチした会社、仕事を面談の上でご紹介します。

普通の転職エージェントではなかなか希望の仕事を見つけることは難しいです。

それは規模の小さい転職エージェントや普通の転職エージェントでは求人数が圧倒的に少ないから。

転職エージェントは色々ありますが、設備保全から転職されるような場合は、全国を網羅し地方での仕事探しにも強いリクルートエージェント一択です。

利用も無料で求人数も多いので、今すぐ登録してやりがいのある仕事を見つけ未来を切り開きましょう。

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高くなります。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績・求人数ともに業界No.1の転職エージェント
  • リクルートのブランド力で優秀なコンサルタントが在籍。質の高い求人を紹介してくれる

元設備保全のキャリアを活かせるオススメの転職先3選

元設備保全のキャリアを活かせるオススメの転職先3選

設備保全の仕事をしてきた人にはキャリアを活かせる転職先がいくつもありますが、オススメの候補を3つ確認しておきましょう。

フィールドエンジニア

一つ目は今まで扱ってきた機械のフィールドエンジニアです。

技術がわかる人材が営業に同行すると、顧客側の専門職に対して説得力のある説明ができます。

知識も経験も活かせる働き方です。

サービスエンジニア

二つ目に挙げられるのはサービスエンジニアです。

同じ工場に専属で設備保全をしているのと違って、要望に応じて顧客の現場に行くことになり、臨機応変な対応が求められます。

単調な働き方に不満を持ってきた人にとっては魅力的な候補でしょう。

機械の開発設計職

三つ目は機械の開発設計職です。

現場で経験してきた問題を、解決できるような設備を設計しようという気概を持って取り組むと、顧客にも喜ばれるものを生み出せる可能性があり、やりがいを感じながら働けると期待できます。

どの仕事も、アナタが設備保全の仕事でつちかってきた経験を十分に活かせられる仕事です。

現状の設備保全の仕事に嫌気がさしている人は、設備保全の仕事以外でもアナタの経験を活かせる仕事を探してみましょう。

リクルートエージェントは登録無料で求人数も多いので、設備保全から転職されるような場合は、全国を網羅し地方での仕事探しにも強いリクルートエージェント一択です。

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績・求人数ともに業界No.1の転職エージェント
  • リクルートのブランド力で優秀なコンサルタントが在籍。質の高い求人を紹介してくれる

設備保全の仕事を辞めたい代表的な理由3選

設備保全の仕事を辞めたい代表的な理由3選

設備保全の仕事は工場を円滑に稼働させるためには欠かせない仕事ですが、責任が重く、夜勤もあるパターンも多く、トラブル発生時には極端に忙しくなる仕事です。

辞める代表的な3つの理由を見てみましょう。

やりがいを感じられない

設備保全の仕事を辞めたいと思う理由として、あまりに仕事に慣れてしまった影響でやりがいを感じられなくなったということがしばしばあります。

工場設備のメンテナンスが仕事なので毎日ルーチンのようにして巡回して確認を行い、定期的に機械を止めて点検をするというという日々を送ることになります。

考え方によっては来る日も来る日も、同じようなことをしているとも言えるでしょう。

とくに工場の設備が比較的新しくて、不具合がほとんどない場合にはあまり大きな仕事がありません。

変化のない日々が続くのが嫌になってしまう人もいるのです。

勤務時間が安定しないのがツライ

朝9時頃から働き始めて、17時くらいには仕事を終えられるような仕事のリズムにしたいという気持ちが募ってきて、退職しようと思う人も少なくありません。

設備保全の仕事は工場の設備が、常に正しく動くようにするのが最重要課題です。

24時間稼働している工場では、設備保全の担当者が常に工場に待機していなければならないこともあります。

交代制で夜勤や休日出勤もしなければならない現場も多く、勤務時間が不規則で体に堪えるようになってしまうケースも。

私生活との兼ね合いを考えても、勤務時間が安定しないのは嫌だと考えて辞める人もいます。

将来性に不安を感じた

このまま設備保全の業務に携わっていて、本当に将来的にも働けるのかという疑問が湧いてきて、今のうちに転職しようと思うケースもあります。

設備保全の仕事はマニュアル化されている部分が多く、自分でなくても他の人に任せられる。という印象を受けることが多いのが特徴です。

つまりもっと安い賃金で、働いてくれる人がいたら置き換えられてしまうのではないかという懸念が生まれやすい仕事なのです。

考え方を変えれば年収が上がりにくいという問題もあるので、将来的に安心して生活できるほどの収入を得られるかが不安になりやすいとも言えるでしょう。

設備保全の仕事を辞めたい人の代表的な理由3つをご紹介しましたが、アナタも上記理由に該当する悩みを持っていませんか?

人生を変えたい、現状を変えたいと願っているならアナタにぴったり合う仕事を生業にすることを考えましょう。

自分にぴったり合う仕事をすることで、人生は好転します。

何もしなければ0のままですが、必ず転職するんだ。という気持ちさえあれば、必ず良い仕事を見つけるチャンスはやってきます。

そのチャンスを見つけるために、今すぐ転職エージェントに登録して仕事探しをしてください。

良い仕事は早いもの勝ちです。

何もせず0のままでは、おそらくこれからも永遠に同じ状況が続きます。

人生は変えたいと望む人だけに変えられるチャンスがやってきます。アナタにぴったりな仕事について、充実した人生を過ごしましょう。

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職成功実績・求人数ともに業界No.1の転職エージェント
  • リクルートのブランド力で優秀なコンサルタントが在籍。質の高い求人を紹介してくれる

元設備保全が語る、辞めた理由と辞めた後の仕事内容

Kさん 26歳

Kさん 26歳

鬱・自殺数が非常に多いので退職しました。

安全意識自体は必要なことではあるが、安全対策の方向性がねじ曲がっており、トップダウンで決まってしまうため、現場職は振り回される傾向にありました。

今はサラリーマンで営業をしています。業界はプラント・薬品・食品等幅広く、見積作成・納品・打ち合わせ等多岐にわたります。

転職に苦労したことといえば、他業界へ転職する場合、設備保全の仕事は評価されづらいと思いました。

とくに大手は書類選考で落ちたため、厳しいものがあると感じました。

そのため今後の転職も考えて、転職しやすい営業を選びました。

Aさん 40歳

Aさん 40歳

工場を新たに海外で立ち上げる話があって、その要員に指名されました。しかし諸事情で断わらざるを得なく、会社を辞めました。

その後は営業の仕事をしました。健康食品の販売をしている会社で従業員も少ないので、見込み客の管理からDMのリスト作りなど、何から何までやってました。

転職において設備保全の仕事自体は活かされたと思いませんが、仕事で忍耐力や体力は養われたので、それがまったく異なる職種でも活かされたのではないかと思います。

年齢的な部分による体力的な部分で不安になったのが辞めた一番の要因です。

後は夜間の交代制で、睡眠時間が不規則だったのも要因の一つです。

退職後はパソコン業務によるデータ入力のお仕事に就きました。主にExcelを用いた業務が多いです。

転職活動で一番のネックだったのはやっぱり金銭面における安定した生活です。

今では何とか落ち着いていますが、今の状態までにすることが大変でした。

"Tさん 42歳

“Tさん 42歳

お客様は小売業の大規模店舗だったが、業績不振で同業他社の支配下に置かれており、コスト的な面で業務に支障があった。

また将来的な展望も無かったため、辞めました。

その後は派遣社員として、建築設計事務所で電気設備工事の見積書審査、工程確認、価格交渉、工事資産の管理等の業務を行いました。

設備保全の仕事以前は、メーカーの技術系の正社員でした。

そのため技術的な素地はあり、資格も持っていたが、年齢的な面で仕事が見つけづらかったです。

まとめ

設備保全の仕事は勤務時間が不規則だったり、将来性に不安を感じてしまいやすかったりする特徴があることから、辞めたいと思う人も一定数います。

単調でやりがいを感じられなくなってしまって、転職を考える人も少なくありません。

ただエンジニアとしてのキャリアを活かすと、フィールドエンジニアやサービスエンジニアとして活躍できる可能性があります。

十分な経験を積んでいれば、開発設計職として働ける可能性もあるでしょう。

普通の転職エージェントではなかなか希望の仕事を見つけることは難しいです。

それは規模の小さい転職エージェントや普通の転職エージェントでは求人数が圧倒的に少ないから。

転職エージェントは色々ありますが、設備保全から転職されるような場合は、全国を網羅し地方での仕事探しにも強いリクルートエージェント一択です

求人数が多いということは、それだけ理想の会社に出会える可能性が高いです。

他の転職希望者に理想の会社を取られないうちに登録すれば、アナタにとって最高の会社を見つけるチャンスですね!

リクルートエージェント

公開求人数 11万件以上 非公開求人 16.5万件以上
(2021年5月に公式HPで確認)

圧倒的な知名度とブランド力を持つリクルートグループの転職エージェント。

国内の転職エージェントではNo.1の求人数を誇り、さまざまな業種・職種をカバーしているのはもちろんのこと、対応地域も全国(拠点は全国16ヶ所)と幅広く網羅されています。

年収を上げてキャリアアップしたい人から、初めての転職でどうしたらいいかわからない人まで、すべての転職希望者がまずは登録しておくべきエージェントです。