向いてる仕事がわからない第二新卒が挑戦すべきたった1つの転職方法

向いてる仕事がわからない

向いてる仕事がわからない場合に最適な方法は紹介予定派遣

第二新卒が転職する方法はいくつかありますが、選べる主な取り組みは3つ。

紹介予定派遣

メリット
  • 正社員として働く前に派遣として働く期間があるので、 自分にあった仕事か判断しやすく、 自分の会社でのふるまいも含めて総合的に判断してもらえる
  • 派遣先の提案など、担当者が協力してくれるので不安が少ない
  • 未経験の職種にも応募しやすい
デメリット
  • 派遣として働く期間があるので、正社員になるまでの期間がのびてしまう
  • 紹介予定派遣の求人数があまり多くない

転職エージェント

メリット
  • 担当者が自己分析や会社の選定、転職先への連絡・交渉など、 全てにおいてサポートしてくれるので、負担が少なくスムーズに転職できる

デメリット
  • あくまでも担当者を通しての転職活動なので、融通はききにくい
  • 履歴書や面接のみで判断されるので、 今現在持っている能力やスキル以上の職場につきにくい

転職サイト

メリット
  • 自分にあったスケジュールで、自分の思い通りに転職活動ができる
デメリット
  • 自己分析や会社の選定など、全て自分で行わなければならない
  • プロに相談する機会が少ない

それぞれにメリット・デメリットがありますが、自分に向いている仕事が分からない場合は紹介予定派遣を選択するのがおすすめです。

紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間を経て、会社に直接雇用される制度。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000133872.pdf

厚生労働省 紹介予定派遣とは・・・

紹介予定派遣先は、登録した人材派遣会社の担当者が自分のもつスキルや、やりたいことなどをヒアリングして決定されます。

更には実際に派遣社員として働く期間があることで、本当に自分に向いている仕事か、職場の環境は自分にあっているかなど、職場でじかに体験してから判断できるというメリットがあります。

あらかじめ知らされていた勤務体系・職場環境などの情報が、現実と差がないどうかは実際に働いてみなければわからないもの。

事前にミスマッチを防ぐことができるので、正社員となった後に想像していた仕事と違っていたと感じる可能性が少なくなります。

転職条件の中に、自分に向いている仕事がしたい、円滑な人間関係の中で仕事がしたいといったものが含まれている場合は、紹介予定派遣を選びましょう。

一方で、より年収を上げたい、できるだけ早く正社員になりたいと思う場合は転職エージェントを使って転職する方法もあります。

第二新卒の転職でも求められるしっかりとした自己分析も、担当のエージェントが一緒におこなってくれるのがメリット。

非公開求人も多く、その中から自分の条件にあった企業を判断してくれます。

転職サイトを使って自身の力のみで転職をおこなうよりも、より精度の高い情報で転職活動がおこなえるので、自分にあった方法で使い分けましょう。

向いてる仕事は実際に仕事してみないとわからない

第二新卒での転職を考えているアナタは、「色々調べて就職したとしても、思った通りの仕事ではなかった」という経験をしているかもしれません。

それほど実際にその会社で働くという経験が、自分にあった仕事を選ぶために必要であることがわかります。

転職するための方法は色々ありますが、実際に働き、その仕事内容を経験してから正社員になるかどうかを決められるのは、紹介予定派遣という転職方法をおいて他にはありません。

もちろん事前に自分の能力やこれからやりたいことなど、しっかりとヒアリングした情報をもとに仕事を紹介してくれる転職エージェントでも、満足のいく転職になる可能性はあるでしょう。

しかしどんなに事前の情報や条件をすり合わせても、実際に働くことでえられるものはその何倍も多く、細部にわたります。

あらかじめ知ることのできる情報にはどうしても限りがあり、その部分が働きはじめた後のミスマッチへとつながることはたやすく想像できます。

年収アップなどの条件にさえあえば多少の向き不向きは気にしないという人は、転職エージェントでの転職活動を考えてみてはいかがでしょうか。

しかし、どうしても自分に向いている仕事に就きたいという場合は紹介予定派遣という転職方法を選び、実際の仕事を経験してから働くことをおすすめします。

第二新卒など20代が向いてる仕事を探すための最高の転職方法は?

あらためて第二新卒の転職方法を見てみましょう。

紹介予定派遣→求人数は少ないながら、実際に派遣社員として仕事をしてから正社員になれるのでミスマッチが限りなく少ない

転職エージェント→非公開求人も多く、担当エージェントの丁寧なヒアリングでミスマッチがある程度防げるので負担なく転職できる

転職サイト→すべてを自分でおこなうので、自分を客観視でき、自分で会社を見極める必要がある

この3つの中で、自分に向いている仕事を探すために最も適した方法は、紹介予定派遣です。

向き不向きを知るためにも、実際に会社で派遣社員として働く期間があるというのは大きなポイント。

紹介予定派遣の求人は少ないながら、20代とりわけ第二新卒と呼ばれる年代が求められることが多いので、チャンスを逃さないようにしましょう。

紹介予定派遣ほど、転職に期間を避けないのであれば転職エージェントを利用するのも手です。

ミスマッチを少しでも減らすために優秀な転職エージェントに相談し、より条件にマッチした仕事を探してもらいましょう。