紹介予定派遣の面接で不採用にならないための3つのポイントを徹底解説!

紹介予定派遣の面接
  • 紹介予定派遣の面接で不採用になってしまう…
  • 紹介予定派遣の面接で不採用にならないコツを知りたい
  • 紹介予定派遣の面接を合格したい

紹介予定派遣で働くには、当然ながら面接に合格しないといけません。

つまり面接をないがしろにしていると、いつまで経っても紹介予定派遣で働くことはできないわけです。

紹介予定派遣の面接に合格し、最終的に派遣先のホワイト企業で正社員になった私が、紹介予定派遣の面接に合格するポイントをお伝えします。

この記事に書いてあることをご参考にしていただくと、紹介予定派遣の面接を恐れることなく対応できることでしょう。

紹介予定派遣の面接で聞かれる質問にきちんと答える

面接において一番大切なのは「自分の意見を簡潔に伝えること」です。

熱意を伝えるために話が長くなったり、言いたいことが不明瞭になってしまうのはよくあること。

自分の言いたいことが伝えきれなかったと後から後悔することのないように、あらかじめ頭の中で伝えたいことを整理しておかなければなりません。

伝えたい内容がはっきりとしていれば一字一句完ぺきに文言を覚える必要はありませんし、結論から切り出すことができるので、相手に伝わりやすい答え方ができます。

志望動機

志望動機は仕事内容や業種について述べるのが望ましいです。

自分のもつスキルや、なぜ未経験ながらに挑戦しようと思ったかなどを織り交ぜ、簡潔に相手に意欲が伝わるようにまとめましょう。

また、なぜ紹介予定派遣として働きたいと思ったかを問われる場合があります。

正社員になりたいといった動機も、福利厚生などを目当てとすると印象が下がりますので、長く続けていく中どういった展望があるかといった、将来を見据えた話ができればよい印象を与えられるでしょう。

職務履歴

職務履歴をたずねる理由は、

  • 記載されている内容に誤りがないかの確認
  • 仕事内容の詳細を聞くため

です。

紹介予定派遣先の業務に関係することや役に立ちそうな経験があれば、合わせて伝えるとよいでしょう。

職務履歴は人によっては長くなることもあるので、

  • 新旧どちらから話すかを決めておく
  • 話の最後に「以上です」と締めくくりの言葉を入れる

などの配慮が必要です。

話の流れから退職や転職の理由を問われることもあるかと思いますが、ネガティブなまとめ方はせず、こういう風にしたかったと希望を含め話すことで、印象の低下を避けることができます。

自己PR

自己PRといっても、自分がいかに優れている人間かを伝えるだけでは採用にはつながらず、あくまでも業務を行うのにふさわしい人物であると思ってもらうことが重要です。

なので業務に関係ある資格やアピールポイントを中心に伝えることを心がけましょう。

また自己PRと合わせて、長所や短所に関しての質問も面接ではよくあります。

質問もより業務に関係あるものを選んだり、マイナスな言葉だけにならないように気を付けましょう。

紹介予定派遣の面接で着るべき服装

面接では基本的にスーツを着用するのが無難です。

会社によってはオフィスカジュアルでもよい場合がありますが、その際も落ち着いた印象になるよう心がけましょう。

だらしない印象にならないように身だしなみを整え、清潔感のある装いをすることで、第一印象をよくすることができます。

また業種によってはヒールのある靴を履くべきではないなど、気を付けておかなければならないこともあるので、事前に紹介予定派遣の担当者に相談すると良いでしょう。

紹介予定派遣の面接対策をしておく

面接は何度経験しても緊張するものです。

学生時代も含めると一度も面接の経験がないという人はいないかもしれませんが、慣れているといえるほど経験がある人も少ないでしょう。

だからこそ事前に対策やシミュレーションをしておくことで、緊張を少しでも減らせるようにしておかなければなりません。

またできる限りリラックスしてのぞむために面接の動向を調べたり、自分なりのリラックス法を準備しておくことも有効な一手となります。

本番さながらの面接シミュレーションをしてもらう

面談のシミュレーションは

  • 緊張になれておくため
  • 自分の面接の質問事項の抜けを確認するため

に大変有効なものです。

自分の苦手やどこに不安を感じやすいかなど、事前に確認できるのも嬉しいところ。

細かな所作の確認や、質問への返答を頭の中でもう一度整理することで、より自信をもって本番に臨めるでしょう。

紹介予定派遣の面接に同行・同席してもらえるなら利用しよう

紹介予定派遣では、派遣会社の担当者が面接に同行・同席してくれる場合があります。

緊張で言葉に詰まってしまうことがあっても、フォローしてくれる人がいるのは心強いもの。

面接への同席がかなわなくとも、同行中に担当者に不安なことを質問し、しっかりと確認を取ることで気持ちが落ち着くので、可能ならばぜひお願いしましょう。

詳細は、紹介予定派遣の面接合格率は?派遣会社の担当者が同行して同席してくれる?に書いていますのでご覧ください。

緊張するならリラックスできる方法を実践する

どんなに平静でいようと思っても、面接に向かう緊張は避けられません。

緊張していることだけに気持ちが向けば、余計に焦って落ち着けなくなるもの。

  • 温かいものを飲む
  • 少し目を閉じる

など簡単にできるリラックス方法をいくつか知っておくことで、普段通りの振る舞いに近付くことができます。

ここまでしっかりと準備してきたことを思い出し、あらためて話す内容を確認しておくこともリラックスにつながるでしょう。

紹介予定派遣の面接結果が出る日数

面接の結果は早ければ3日程度ででますが、会社によっては1~2週間かかる場合もあります。

なので事前に説明がなければ、結果が出るまでにどのくらいの日数がかかるのか質問し、きちんと確認しておきましょう。

結果が分かるまでは不安でなかなか落ち着かないもの。

なぜ連絡がこないのかと余計な不安を抱えないためにも、きちんと確認を取る必要があり、あまりに連絡がなく不安に感じる場合は派遣会社の担当者に連絡を取りましょう。

詳細は、紹介予定派遣の面接合格率は?派遣会社の担当者が同行して同席してくれる?に書いています。

紹介予定派遣の面接で不採用になった場合

紹介予定派遣は長く働いてくれる人が求められているので、当然会社が求める人材とミスマッチであれば不採用となります。

事前の準備をどれだけ丁寧にやっても、自分の気持ちだけでは決められないことですので、気持ちを切り替えて次に挑む必要があります。

もし不採用になった心当たりがある場合は、次回も同じ結果にならないように改善し、しっかりと対策するようにしましょう。

まとめ

紹介予定派遣の面接で気をつけておきたいことは以下の3つ。

  • 紹介予定派遣の面接で聞かれる質問にきちんと答える(志望動機、職務履歴、自己PRなど)
  • 紹介予定派遣の面接で着るべき服装(スーツが無難)
  • 紹介予定派遣の面接対策をしておく

です。面接に必要な対策をしておくことで、必ず面接は突破できます。

100%の準備をして、面接を突破しましょう。

紹介予定派遣全体の情報について知りたい方は、紹介予定派遣とは何?利用して正社員になった私が10のポイントを完全解説!でまとめていますので、ご参考にしてみてください。