紹介予定派遣の就業期間はどれくらい?最短で何ヶ月?延長はある?

紹介予定派遣の就業期間
  • 紹介予定派遣ってどれくらい働く必要があるの?
  • 最短どれくらい働くの?
  • 期間が終わったら、延長はあるの?

紹介予定派遣に興味はあっても、詳細を知らないと「思っていたのと違う」となってしまい、せっかく得た仕事を辞めてしまう可能性があります。

この記事では、実際に紹介予定派遣で3ヶ月働いて正社員になった私が、紹介予定派遣の就業期間についてお伝えいたします。

この記事を読むことで、紹介予定派遣で働く期間についてのすべてが理解できます。

紹介予定派遣での就業期間は最短で1ヶ月、通常は3ヶ月から6ヶ月

紹介予定派遣は最長で6ヶ月で、厚生労働省から出されている告示で定められています。

逆に、最短日数に関しての特別な記載はありませんので、たった1日で就業期間が終わってしまう可能性もあるということ。

しかし、1日というのは極端な数字であり現実的ではありませんので、どんなに短い場合でも数日~1ヶ月程度の期間は設けられます。

では紹介予定派遣の期間を、いったい誰がどのようにして決めるのでしょうか?

紹介予定派遣の期間は、あらかじめ紹介予定派遣先と派遣会社によって決定され、平均すると3ヶ月~4ヶ月くらいの期間が取られることが多いです。

また就業期間とは別に、紹介予定派遣先との契約が決まるまでの時間も、あらかじめ計算に入れておくとよいでしょう。

なぜなら、派遣会社に登録してから契約に至るまで、1ヶ月~3ヶ月ほどかかってしまう場合があるからです。

これは紹介予定派遣という制度が、就業期間後に正社員などの直接契約をすることを目的としておこなわれるため。

そのためには、よりしっかりと選考をしてから契約に至る必要があるので、一般的な派遣の選考よりも時間がかかることが多いからです。

紹介予定派遣は一般的な派遣よりも選考に時間がかかるという点も加味しつつ、心づもりをしておく必要があります。

紹介予定派遣での就業期間、延長の可能性はあるの?

先ほども述べたとおり、紹介予定派遣での就業期間は、最長で6ヶ月と決められています。

ですので、紹介予定派遣での就業期間が6ヶ月以上長くなる可能性は、絶対にありません。

そうなると、次に気になるのは直接雇用前に試用期間があるかどうかです。

紹介予定派遣の後には試用期間を設けることができない取り決めとなっていますので、試用期間が設けられる可能性は100%ありません。

では、どうして試用期間を設ける必要がないと判断されているのでしょうか。

試用期間を設ける必要がないのは、紹介予定派遣の就業期間が単に派遣先で業務をおこなうためだけの期間ではないからです。

紹介予定派遣の就業期間は、その人の

  • 技術や能力
  • 職場への適性
  • 勤務態度

などを見極めるために設けられており、あらためて試用期間を設けたとしても、いたずらに雇用の開始を長引かせるだけ。

なので、試用期間は設ける必要がないと判断されているのです。

では、あらかじめ決められた就業期間が6ヶ月に満たない場合はどうでしょう。

就業期間が6ヶ月に満たない場合は、

  • 派遣労働者本人
  • 紹介予定派遣先
  • 間に入っている派遣会社

の三者の合意のもとで、就業期間を再調整することができると決められています。

就業期間を再調整する場合も、最長期間の6ヶ月より延長することはできませんので、必ず6ヶ月以下に抑える必要があります。

紹介予定派遣での就業期間の短縮は通常はない

紹介予定派遣の期間は、紹介予定派遣先と派遣会社のあいだで事前に決められている契約ですので、簡単に短縮できるものではありません。

ですので、紹介予定派遣の期間が短縮されるのは非常に珍しいケースだといえますが、短縮される理由は3点あります。

紹介予定派遣先が派遣期間の終了を待たず、今すぐ直接契約に移りたいと考えている場合

  • 十分に必要な能力があると確かめられた場合(勤務態度、業務のスピード、コミュニケーションの取り方など)
  • 新規プロジェクトへの参加
  • 新年度に合わせて入社させたい

など、派遣先の業務の都合によるものが考えられます。

派遣先から早期に能力があると認められ、力を期待されてのことですので悪い話ではありません。

紹介予定派遣先が、どうしてもこれ以上の勤務は難しいと考えている場合

  • 派遣先での勤務態度が著しく悪い
  • 何度注意されても遅刻や欠席の連絡をしない

など、よほどのことがない限りありえないことですが、可能性はゼロではないでしょう。

派遣労働者本人の都合

  • 派遣労働者本人が想像していた勤務体制とあまりにかけ離れていた
  • 就業先で不遇な扱いを受けた
  • 突然の病気

など、紹介予定派遣先で働くのが難しくなるケースもあります。

しかし、あくまでも決められた期間は働くという約束のもとで採用されているのですから、あまり褒められたことではありません。

いずれのケースにおいても、就業期間の短縮をおのおのの独断で決めることはできません。

あくまでも、派遣労働者本人、紹介予定派遣先、派遣会社の三者の合意のもとで決定されることです。

本人の状況の変化や派遣先で言われたことなど、必要があれば早急に派遣会社へと連絡し判断を仰ぐことを心がけましょう。

まとめ

紹介予定派遣の就業期間に関しては、以下のようになります。

  • 紹介予定派遣は最長で6ヶ月の就業期間となる
  • 最短日数に関しての決まりはないが、平均1ヶ月〜3ヶ月が多い
  • 紹介予定派遣での就業期間が、6ヶ月以上になる可能性はゼロ
  • 紹介予定派遣の期間が短縮されることは通常ではないが、非常にレアなケース

紹介予定派遣全体の情報について知りたい場合は、紹介予定派遣とは何?利用して正社員になった私が10のポイントを完全解説!をご参考にしてください。