新卒の転職活動は在職中か退職後、どっちにするべき?期間は平均何ヶ月?

新卒の転職活動
  • 新卒の転職活動は辞めてから退職後に始めるのか、在職中に働きながら就活するのがよいのか?
  • 新卒で会社を辞めた場合の転職活動期間はどのくらい?
  • 何から転職活動を始めたらいいのかが分からない

新卒で入った会社がブラック企業だった場合や、どうしても仕事がイヤになってしまい辞めることにしたとき、転職活動を会社を辞めてから始めるのか、在職中から始めるのかでその後の転職活動が大きく変わってきます。

私も新卒半年で仕事を辞めました。

辞めてから始めるか、在職中に始めるかは個人により向き不向きがあるのは非常に理解できます。

この記事では新卒で会社を辞めた(辞める)人が、まず何から転職活動を始めればいいのか?

辞めてから転職活動を始める方がいいのか、もしくは辞めた後から転職活動を始める方がいいのかのメリットとデメリットについて書いています。

この記事を読むことで、新卒の転職活動の流れとアナタが辞めてから転職活動してもOKなのか、もしくは働きながら転職活動をした方がいいのかがわかります。

新卒が在職中に転職活動するメリットとデメリット

新卒で入社した社員が、在職中に転職活動をする場合。

大まかに言うとメリットは「お金」、デメリットは「時間」です。

メリット
  • 収入があることで精神的な余裕が生まれる
  • 将来的な退職を見すえて貯金ができる 
  • 仕事が決まってから今の仕事を辞めればいいので、転職先の選択など対策に時間がかけられる
  • 求人がないときには転職活動を中止し、求人募集が多くなったときに再開するというような、自分のペースに合わせて転職活動ができる
デメリット
  • 日々の仕事が忙しい中で転職活動をする必要があるので、時間が足りない
  • 転職へのモチベーションを維持することが大変
  • 面接の日程調整に困る可能性がある

新卒者、特に入社して1年未満での転職活動は難航することが考えられます。

新卒者には即戦力となるスキルがなく、また短期離職者ということで企業が警戒するためです。

転職活動も長期戦となることを、覚悟する必要があります。

しかし仕事と並行しながらの転職活動ならば、給与が途切れることがないためじっくりと転職に関しての対策が取れます。

また転職市場には1年間を通して波がありますので、求人が多いときに転職活動を行い、少ないときは情報収集に徹するなど、自分のペースに合わせて転職活動ができることは、大きな強みでしょう。

一方で新卒の新入社員は、まったく新しいことを覚える日々が続きます。

先輩たちから指導や大量に抱えた仕事により、連日クタクタになるまで働くようなことも珍しくありません。

そんな中で転職活動をするためには、趣味やプライベートの時間を削ることも必要ですし、転職へのモチベーションを維持するために、強い意志が必要となります。

また求人募集に応募しても、面接の日程調整に手間取る可能性もあります。

次の仕事が決まってないけど辞めるのはOK?状況別に徹底解説!でも判断材料を書いていますので、ご参考にしてみてください。

新卒が退職後に転職活動するメリットとデメリット

一方、新卒で入社した社員が退職後に転職活動をする場合。

大まかに言うとメリットは「時間」、デメリットは「お金」です。

メリット
  • 転職活動に専念できる
  • 時間があるので、情報収集に時間をかけられる
  • 面接などの日程調整に困らない
デメリット
  • 給与は入らないが、生活費、保険費、年金、住民税など固定費の支払いがある
  • 早く仕事を決めたいという焦りで、変な会社にアプローチしてしまう可能性がある

会社がブラック体質で、心身ともに限界を感じているような場合には、今の会社を退職してから転職活動を行いましょう。

20代前半の若い力はスキルやキャリアを考えなければ、どの会社にとっても魅力です。

ブラック企業で使い潰されてしまうことは、社会にとっても大きな損失。

一刻も早く自分の力を発揮できる環境を見つけるために、会社を即退職すると転職活動に専念できます。

履歴書や面接などの下準備を入念に行えるため、短期間での転職成功も夢ではないでしょう。

また転職先のリサーチに時間をかけられることで、ブラック企業などのややこしい会社を回避できます。

一方で、最も深刻な問題は「お金」です。

退職後も生活費は当然必要ですし、保険や年金、住民税などの費用を自己負担する必要があります。

退職後に転職活動をするときには、実家から金銭面での支援が受けられるならお願いしましょう。

そして家族からの協力を得られるように、努力姿勢を示すことも忘れないようにしましょう。

次の仕事が決まってないけど辞めるのはOK?状況別に徹底解説!でも判断材料を書いていますので、ご参考に。

新卒で働きながら就活する場合の期間はどれくらい?

新卒者が働きながらの転職に要する期間は、一般的には3ヶ月~6ヶ月ほどといわれています。

まずは20代の転職者の、退職したタイミングを見てみます。

約66%の人が、働きながら転職活動をしていたと答えています。

データで見る転職活動と退職状況の関係
データで見る転職活動と退職状況の関係

出典「転職に関するアンケート」 調査期間:2019年3月

調査実施:パーソルキャリア株式会社

次に年代別の転職期間を見てみましょう。

20代は1ヶ月~3ヶ月以内に、90パーセントが転職先を決めています。

また30代~60代と比較しても、若い人の転職ほど早期に決まりやすいといえるでしょう。

年代ごとの転職が決まるまでに要する期間
年代ごとの転職が決まるまでに要する期間

出典「転職活動期間に関する調査」 2014年12月18日  調査期間:2014年10月6日~2014年10月17日

調査実施:エンジャパン株式会社

ただしこのデータは、転職エージェントを利用して積極的に転職活動を行うことが前提となっています。

以上のデータから、

  • 転職者のほとんどが働きながら転職活動をしている
  • 20代の転職活動は早期に終わりやすい

ことがわかります。

転職活動の全体の平均期間は3ヶ月~6ヶ月ほど。

新卒者の転職期間もまた、この平均から大きくはずれることはないでしょう。

新卒で辞めてから転職活動する場合の期間はどれくらい?

退職後に転職活動する人は、在職中に転職する人に比べて短期決戦となることが多いです。

在職中:退職後で、それぞれ転職が決まるまでの期間
在職中:退職後で、それぞれ転職が決まるまでの期間

出典「転職活動期間に関する調査」 2014年12月18日  調査期間:2014年10月6日~2014年10月17日

調査実施:エンジャパン株式会社

これは、

  • 退職後の金銭的な問題
  • 転職活動に集中できる
  • 履歴書の空白期間(無職期間)を少なくしたい

という理由から、早期の転職に向けて積極的に動く人が多いからです。

しかし一方で、6ヶ月以上の時間をかけてしまうと転職活動が長引いてしまいがちというデータもあります。(想定転職活動期間は3ヶ月以内の人が最も多く、37%です)

転職前のブランク経験についてのアンケート
転職前のブランク経験についてのアンケート

出典「転職前のブランク経験についてのアンケート」 調査期間:2007年11月27日~12月10日

調査実施:マイナビ転職

新卒者が仕事を辞めてから転職活動する場合、なかなか内定が取れずに苦戦することも多いでしょう。

しかし目標は3ヶ月で。

くじけず気持ちを切り替えて、積極的に転職活動をしていくことをオススメします。

新卒で転職したい人の転職活動の始め方

新卒で入社したけど、転職したいと決意したアナタ。

ここでは転職活動の第1歩として、始めるべきことを紹介します。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 各種診断テストを受ける
  3. 転職準備

転職サイトに登録する

転職方法のなかでも、最も気軽に利用できるのが転職サイト。

まずは大手の転職サイトに登録だけでもしておきましょう。

というのは大手の転職サイトには、無料登録するだけで転職に役立つ診断テストを受けられるというメリットがあります。

特に転職サイトの中でも大手と言われているのは、

  • リクナビネクスト(リクルート)
  • doda(パーソルキャリア)
  • マイナビ転職(マイナビ)

の3社です。

各種診断テストを受ける

大手3社に無料登録することで、以下の転職に役立つ診断テストを受けられます。

  • リクナビネクスト「グッドポイント診断」
  • doda「年収査定」
  • doda「キャリアタイプ診断」
  • マイナビ転職「社会人力診断」
  • マイナビ転職「ジョブリシャス診断」

例えばリクナビネクストの「グッドポイント診断」はあなたが現在持っている「強み」が何かを30分かけて、じっくり解き明かしていくテストです。

またdodaの「キャリアタイプ診断」はあなたの性格を診断し、そこから仕事の適性を導き出します。

これらの診断の大きな目的は、自分の価値を知ること。

自分を見つめ直すことで、面接でのアピールポイントを発見できます。

転職準備

新卒者の転職活動は、率直にいって厳しいでしょう。

だからこそ必要なのが、万全の準備。

以下のリンクに、第二新卒が準備すべきことをまとめてあります。

新卒者にも共通するので、ぜひ参考にしてください。

(第二)新卒が転職成功のためにするべきこと3選

新卒で入った会社が失敗だったとしても人生終了ではない

新卒で入社した会社で失敗すると、どうしても気分が落ち込んでしまいます。

  • ブラック企業を見抜けなかったこと
  • 厳しい社会を甘く見ていたこと
  • 思うように仕事ができないこと
  • スキルを持たない無力さ

など会社選びだけでなく、自分自身に対して失敗したと思いこみがちです。

しかし最初の会社選びに失敗しても、決して人生終了ではありません。

一般的に、働き盛りといえば30代~40代。

20代の新卒者は、まだスタートラインに立ったばかりです。

  • マイナビジョブ20‘s
  • 第二新卒エージェントneo
  • ハタラクティブ

など、20代に特化した転職サイトが増えています。

それは企業にとって、若い力が魅力的だから。

  • 定年までの社会人人生の、まだ1年目に過ぎないこと
  • 20代の若い人材を欲しがる会社は、たくさんあること

つらいと感じたときには、これら2つの事実を思い出しましょう。

そして前向きに、転職活動に取り組むことが大切です。

まとめ

  • 新卒が在職中に転職活動する主なメリットは「お金」で、デメリットは「時間」
  • 新卒が退職後に転職活動する主なメリットは「時間」で、デメリットは「お金」
  • 約66%の人が、働きながら転職活動をしていた
  • 20代は1ヶ月~3ヶ月以内に、90パーセントが転職先を決めている
  • 退職後に転職活動する人は、在職中に転職する人に比べて短期決戦となることが多い
  • 6ヶ月以上の時間をかけてしまうと転職活動が長引いてしまいがち
  • 新卒で転職したい人の転職活動の始め方は以下の通り
  1. 転職サイトに登録する
  2. 各種診断テストを受ける
  3. 転職準備