新卒入社社会人1年目の転職は厳しい?転職成功のためにするべきこと3選

新卒一年目の転職は厳しい
  • 新卒1年目で辞めたいけど、新卒1年目での転職は厳しいの?
  • もし新卒1年目での転職が厳しいなら、なぜ厳しいのかの理由が知りたい。転職の可能性はゼロなの?
  • 転職が厳しくても、このまま今の会社にいることに不安を抱いているし、もっと自分に合う会社があるんじゃないか。もし厳しくても挑戦したい…

新卒1年目で仕事を辞める場合は、なかなか次の仕事が決まらないという状況を覚悟して辞めないといけません。

第二新卒ほどの経験もなければ、すぐに辞めてしまった人というふうに見られがちで、退職理由などをうまくアピールできないと、転職活動が長期化する恐れがあります。

この記事では、新卒1年目で転職を志す人が準備するべきことや知っておいた方がよい知識について書いています。

この記事を読むことで、新卒1年目の転職活動において注意するべきこと、やるべきことがわかります。

次はあなたに合うホワイトな会社で働いて、充実した生活を過ごしましょう。

新卒の就業経験1年未満が転職するためにするべき3つのこと

新卒1年未満での転職は、一般的に厳しいものといわれています。

しかし新卒者の3人に1人が、入社後3年以内に退職しているという昨今。

転職市場において、若手の求職者は珍しいものではありません。

つまり転職を成功させることは、決して不可能なことではないのです。

転職を成功させる秘訣。それは企業研究や面接のアピールなど、下準備です。

学生時代の新卒採用時の記憶も、まだ新しいのではないでしょうか。

ただし入社1年未満の転職でホワイト企業を見つけるためには、より入念な準備が必要となります。

そこで転職活動に備えてしておくべき3つのことを、紹介していきます。

1年目で辞める退職理由・転職理由を完璧に答えられる準備

退職や転職の理由づけは、転職活動において必須項目です。

新卒1年目での転職が厳しいといわれるのは、退職理由を準備することの難しさも1つの要因です。

とくに新卒1年目での転職では、面接時に必ず聞かれる内容のためバッチリ対策をしておく必要があります。

  • なぜ転職したいのか
  • なぜ退職したいのか

似ているようですが、まったく違うもの。

スムーズに受け答えができるように、それぞれの理由を準備しておきましょう。

転職活動においては、いかにポジティブな受け答えができるかということが成功のカギ。

そこで若手の転職者にとって、味方になる言葉が「スキルアップ」です。

ただし1年未満での転職の場合、この言葉を使うときには注意が必要となります。

「スキルアップの前に基礎ができているのか?」

「そもそもスキルを身につけているのか?」

と、面接官は疑問に思うことでしょう。

理由づけがうまくいかなかった場合、スキルアップの言葉に説得力を乗せることができません。

1年未満の就業経験の中で得たものをまとめる

新卒1年未満での転職は厳しいといわれますが、それは同業種での転職を検討している場合。

他業種にチャレンジしたいと考えている場合、転職は早ければ早いほどいいといわれています。

あなたは今の仕事をしながら、他業種に興味を持つキッカケとなった出来事がありませんでしたか。

キッカケとなった出来事こそが、新卒1年目にしてあなたが「得ることができたもの」です。

その気づきをさらに発展させることで、今後に活かせるものも見えてくるでしょう。

そして「得たもの」「活かせるもの」をまとめておくことで、説得力のある自己アピールへとつなげることができます。

たとえ短い期間でも、正社員としての就業経験があったことは事実です。

大学生だった頃には経験できなかったことが、転職活動では武器となります。

転職エージェントなど転職のプロに相談する

迷ったときや自分でどうしても考えがまとめられないような場合は、転職のプロである転職エージェントに積極的に相談しましょう。

転職エージェントは、相談だけの利用もOK。

転職成功のカギは、企業の人事担当者に認められるかどうかにかかっています。

人事担当者は、たくさんの求職者を見てきた人です。

答えにくい質問や、指摘されて困る経歴はすぐに見抜かれてしまうでしょう。

そこで事前に第3者の目から、返答に困る自分の「穴」を見つけてもらうことが重要です。

「穴」は履歴書や自己アピール、志望動機などあらゆるところに潜んでいます。

また転職エージェントは、自分でも気づけなかったアピールポイントを発見してくれる可能性も。

新卒1年目の転職が不利なスタートであることを自覚し、なにごとも万全を期して取り組むことが大切です。

新卒1年目の転職の成功率はどれくらい?

厚生労働省のデータによると、大卒の新卒者のうちおよそ11%が1年未満で退職をしています。

https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000556418.pdf

厚生労働省 新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

そのうち転職に成功した人は何割でしょうか?

某掲示板では、新卒1年未満で退職を考えている人が定期的にスレッドを立てます。

レスを読むと、成功した人と失敗した人は半々くらい。

成功した人は口をそろえて「タイミングが大事」だといいます。

企業側の求人募集に合わせて行動を起こすことができれば、年収アップ・スムーズな転職も夢ではありません。

新卒1年目の転職が厳しいと言われている理由3選

新卒1年目で辞めた人に対する企業側の見方が厳しい

「新卒1年目の社員は、責任もなく仕事も軽いものしか任されていない」というのが企業側の認識です。

新卒1年目で転職したいとあなたが訴えた場合、企業側は以下のように考えます。

  • 社会人である自覚が足りないのではないか
  • 責任感がなく仕事を放り出してしまうのではないか
  • 指導に対する忍耐力がないのではないか
  • 将来の見通しが甘いのではないか

つまり前職と同じように、すぐに辞められてしまうのではと警戒されてしまうのです。

ほとんどの会社は、平均として3ヶ月間を研修期間として設定しています。

これは社会人の生活リズムに慣れ、ビジネスマナーを身に付ける期間。

その後ようやく、仕事を覚える段階に入ります。

しかしまだ任されるというよりも、やり方を学習していくことが目的となります。

つまりまだ世間一般にとって、あなたは1人立ちできていない立場。

いわば「ひよっこ」です。

たとえ現在の職場が激務な環境だったとしても、転職先の企業があなたが激務な環境に身を置いていたことを把握するのは不可能です。

企業側の採用条件と合わないことが多い

新卒1年未満での退職者は、残念ながら実践での経験については新卒者と同じレベルであるとみなされます。

たとえ1年未満でも会社に属していた経験があるといっても、同時期に入社し一律で教育できる新卒者の方が採用においては有利となっています。

「いや、私は第二新卒だ!」とあなたが新卒1年目で辞める場合、「第二新卒」としての採用をあてにしようと考えていませんか。

確かに転職業界において第二新卒者は、比較的採用されやすいといわれています。

  • 社会経験があるためビジネスマナーを知っている
  • 業界の事情について、ある程度の知識がある

のように、基礎ができているため教育しやすいと考えられるから。

しかし第二新卒とは会社に2~3年間勤めていたことが前提となりますので、新卒1年未満の退職者の場合は企業の採用条件に当てはまらなく、第二新卒者としての応募は難しいのが現状です。

紹介される案件が少ない

若手・第二新卒の転職に欠かせないのが、転職エージェント。

しかし残念ながら、転職エージェントを使っても新卒1年目での転職には覚悟が必要です。

転職エージェントは、企業に求職者を売り込みます。

だからこそ求職者に、いわゆる「セールスポイント」を求めます。

主要なセールスポイントは、求職者のスキルと前職での経験。

また第二新卒の場合は、若さも大きな売りになります。

それでは新卒1年目で転職する場合はどうでしょうか?

まずスキルや経験は不足していますので、若さで勝負することになるでしょう。

しかしここでも「すぐに辞められてしまうのでは?」という企業からの疑念が障害となります。

その評価をくつがえすのは、いかに転職エージェントが転職のプロだとしても簡単なことではないでしょう。

そして転職エージェントは、企業から紹介料を受け取る立場。

そのため企業に対して、優秀な人材を紹介する義務があります。

もしも紹介した人材が早期退職してしまった場合、転職エージェント自身の評価にもつながりますので、慎重にならざるを得ません。

そのため紹介される企業も限られたものとなります。

新卒1年目の転職は不利になる?

新卒1年目での転職は、どうしても不利になります。

しかし転職活動において、若さが大きな武器であることに違いはありません。その理由は、

  • 仕事の覚えが早い
  • 指示に対して素直である
  • 頼みごとをしやすい
  • フレッシュさが職場の空気をよくする

ことを期待されるからです。

つまりたとえ1年未満であっても、これらの条件さえクリアすれば転職できる可能性が見えてきます。

新卒1年目で辞めてしまった経歴は、残念ながら評価されづらいでしょう。

しかし気持ちを切り替えてまずは自分を見直すことで、転職の成功へと近づくことができます。

新卒1年目での転職は厳しいかも?でもチャンスはある

新卒1年目での転職は、世間的に厳しい目で見られます。

また新卒者や、スキルを持つ第二新卒と比べても不利だといえるでしょう。

しかし十分な休暇が取れず、毎日のシゴキと激務でヘトヘト。

心身に危機感を覚えた場合には、転職を検討することをオススメします。

若さが武器といわれる理由は、まずは仕事効率のよさです。

そしてまた「使える時間」が長いためです。

一般的に、転職のピークは30代・働き盛りは40代といわれています。

つまりそれまでの期間であれば、チャンスは確実に転がっています。

転職を考えているのならば早めに行動を。といわれるのはこのチャンスを逃さないため。

ブラック企業や先が見えない企業で貴重な若い期間を浪費してしまうことは、大きな損失だといえるでしょう。

まとめ

  • 転職のために1年目で辞める退職理由・転職理由を完璧に答えられる準備をする
  • 1年未満の就業経験の中で得たものをまとめる
  • 困ったら転職エージェントなど転職のプロに相談する
  • 新卒1年目での転職は不利になるが、転職可能性はゼロじゃない。

新卒1年目での転職活動は、厳しいものとなるでしょう。

しかし転職できる可能性はゼロではありません。

チャンスを逃さないために、まずは下準備をしておくことが重要です。

とくに転職する理由は、新卒1年目にとって答えづらい質問です。

適切な受け答えができるよう、対策をしておきましょう。

そして冷静に自分を分析します。

企業にとっては、あなたは新卒1年未満で会社を辞めてしまった人物です。

若さ以外にアピールできるものがないか、前職での経験を振り返ってみましょう。

また転職エージェントなど、第3者に指摘してもらうことも有意義です。